特集「尾張国焼鉄道の旅」

勉強部屋 コメント : 0

尾張国焼 × 名古屋市営地下鉄

2019年の名美・アートフェアで開催した企画をベースに、「名古屋の地下鉄にのって、尾張の国焼を探訪する」というテーマで、名古屋にあった様々な焼き物をご紹介しています。

アートフェアではあえて触れなかった、ちょっと奥深いところまで深堀りします。

東山線

名古屋駅(笹島焼)

新栄(金城東山焼)

覚王山(月見焼)

名城線

金山(東雲焼)

金山(夜寒焼)

上前津(豊楽焼)

※前津小林村について

※豊楽焼についてはこちら

上前津(酔雪焼)

上前津(龍門焼)

上前津(不二見焼)

矢場町(若宮八幡焼)

久屋大通(佐治製陶)

大曾根(宗玄焼)

鶴舞線

浅間町(萩山焼)

鶴舞(鶴舞焼)

川名(川名焼)

名古屋で作られた焼き物はこれですべてではありません。

後日、「補遺」として追加する予定です。

関連記事

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅12:大曾根(渡辺又日庵)

読む ≫

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅08:上前津(龍門焼)

読む ≫

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅10:矢場町(八幡焼)

読む ≫

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅01:名古屋駅(笹島焼)

読む ≫

コメント

コメントを残す