尾張国焼鉄道の旅15:川名(川名焼)

勉強部屋 コメント : 0

旅の終わりが近づいてきました。

いくつか、駅をすっ飛ばしているので、これですべての尾張国焼を全部網羅したわけではないのですが…今回で一応の区切りとなります。

時間のある時に、「補遺」としてすっ飛ばした駅も追加できればな…と思っております。

では最後の駅は川名駅です。

川名村

名古屋城下の外れに位置しますが、実は結構歴史が古く、この辺りには戦国時代、佐久間氏が居城としたお城があったと言われています。

そして江戸時代、名古屋城が作られ、家康が駿河と名古屋を往来するためにここに「駿河街道」が整備されます。現在の「飯田街道」の一部ですね。

村落の周りには田畑が広がり、東側は丘陵地帯の縁にぶつかり、この辺りは高低差がある地形になっています。

川名焼

ちょっと言い方悪いですが、そんな田舎の川名村にある男がやってきます。加藤新七といって、瀬戸で二代・川本治兵衛(塐僊堂)という染付の名工の下で修業をした陶工の一人。彼がここ、川名村の香積院山内に新たな窯を築き、染付磁器の生産を始めたのは嘉永年間(1848-54)頃だと言われています。

当時、急激に発展した瀬戸の染付磁器は瀬戸の人たちの生活を支える重要な産業でした。(いずれ、勉強部屋で「瀬戸染付」もやらねばいけませんね…)そんな染付磁器を「瀬戸以外」で始めようとした新七に、瀬戸から猛烈な抗議があったと言われています。

今風に言うところの「利権」という奴ですねー。r(・∀・;)

「瀬戸以外で染付磁器を作ること罷りならん!」と、言ったか言わずか…。瀬戸は尾張藩による製品流通の庇護(尾張藩陶磁器専売制度・蔵元制度)を受けながら、税を徴収されている立場なので、そうした「システムの輪の外」で勝手にやられると困る。瀬戸の人たちにとっては「(課税を逃れた)安価な製品が市場に流される」のは避けたいわけです。

そこで新七は「銅板転写」という当時の最新技術を使った染付を生産することで、この批判を回避します。

磁器の一大生産地であった有田と同様に、瀬戸もボディ・絵付け・焼成という、いくつかの行程を分業することで効率化が進み、特に「陶画工」という絵画の技法を習得した「絵付けの専門家」がいたことからも、「人の手による絵付け」にこだわり、特徴があったのは間違いありません。その絵付けに関する部分を「銅板転写」という、明確に違った技法で作ることで、「これは瀬戸の染付とはちょっと違うよ~」という、いわば抜け道のような手を使って磁器の生産を続けるのです。

銅板転写


川名焼 銅板染付捻子文火入

作品を見比べれば、「瀬戸染付」との違いが明確にわかります。人の手によって絵付けが施されたものと、この銅板転写の技法で絵付けが施されたものでは呉須の線がまるで違います。

瀬戸染付 祥瑞写茶器

筆で絵付けを施すのと違い、銅板転写は文字通り「転写」、つまりプリントの技法によって、同じ形板を用いて同じ図柄をいくつも作ることができます。さらに筆では限界がある緻密な表現も可能になります。複数の形板を使い分けることで様々な文様を器面に施すことができます。

ただ銅板転写は当時最新の技術であり、成熟度に問題があった(歩留りが悪かった?)のか、川名焼は一時廃れていたと言われています。安政年間(1854-60)に新七と同じ塐僊堂の門下で、滋賀の湖東焼に招かれていた寺尾市四郎が帰郷の後、川名焼を再興したと伝えられます。

「川名山製」「安政年製」の染付銘の作品が知られ、その大半は銅板転写によって絵付けが施されたものです。伝統的な染付の文様を銅板転写の技術を用いて再現した物や、これまでの染付磁器にはあまり見られない、異国情緒のある図柄を銅板転写で絵付けした作品もあります。極初期の「瀬戸から抗議を受ける前」の作品と思われる、人の手による呉須の絵付けが施された、「銅板転写ではない川名焼」もあり、非常に珍しいものです。

尾張国焼鉄道の旅、おしまい

いかがでしたでしょうか。新型コロナウィルスの蔓延による営業休止期間もあって、途中からやや駆け足気味になりましたが…。

「名古屋市内だけ」で、実にたくさんの焼き物が作られていたのです。(まだご紹介していないものもあります)

作られた経緯や、かかわった人物、時代背景や作品の特徴もそれぞれ違っており、ユニークで奥深き世界なのです。

しかもところどころでクロスオーバーしている焼き物もあるのが、尾張国焼の楽しさの一つだと言えます。

時系列でたどらず、あえて地下鉄路線で巡ると言うのも、見方が変わって面白いものです。一部こじつけ気味に鉄道駅と紐づけた窯もありますが…ご愛敬ということで…。

次は何しようかな…

本当はこのシリーズのあと、名美アートフェア2020の告知をするはずだったのですが…。

残念ながら新型コロナウィルス感染防止のため、開催自体が中止となってしまい、せっかくの展示企画が飛んでしまいました。

1年間以上かけて、練りに練った「名美アートフェア史上初」の企画だったんですけどねぇ…。

不特定多数のお客様を相手にした、大規模な展示会などは今後しばらく開催できなくなるのでは…と危惧しています。

この先、数年間はこの厳しい状況が続くと覚悟しておいた方がいいのでしょう。

今後の営業の方針についても、いろいろ考えを改めなければならないと思うところもあります…。

なるべく月に1回以上は更新できるよう、情報発信は続けていきますので、よろしくお願いいたします。

関連記事

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅06:上前津(豊楽)

読む ≫

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅12:大曾根(渡辺又日庵)

読む ≫

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅07:上前津(酔雪焼)

読む ≫

勉強部屋

尾張国焼鉄道の旅05:金山(夜寒焼)

読む ≫

コメント

コメントを残す