瀬戸染付 祥瑞写茶器

茶器

祥瑞写

祥瑞とは、染付磁器の中でも独特な意匠のものを指す言葉。呉須の絵付けが細部まで緻密に描かれており、日本の茶人の注文によって焼かれたものではないか、と考えられており、中国本土でこういう分類がある訳ではありません。こちらの作品はこの祥瑞様式を写してつくられたものです。

その祥瑞の中でもデザインは様々あるのですが、こちらは「捻文」と呼ばれる模様です。幾何学文様と草花が交互に描かれ、これらを区切る枠が捻ったようになっていることから、このように呼ばれます。

描かれている草花は「四君子」。菊・笹・蘭・梅の4つの組み合わせのことを四君子といいます。文人画がベースの瀬戸染付でよく用いられていますね。

蓋の角部分に山切れ(焼成時の温度変化などによって入ってしまったヒビ)がぐるっと回っておりまして、ちょーっと残念なんですが、文様の境目でもあるため、そこまで気になりません。(サムネイルでみると・・・ね?)

形は茶道で用いる棗をそっくりそのまま写しており、合口の立ち上がりの部分も非常に薄く作られ、蓋を閉じたときの模様もビシッと合うように作られています。替茶器として棚に飾るとカッコイイのではないでしょうか。

関連記事

関連記事が見つかりません