加藤五助 瀬戸染付菊桐唐草紋輪花鉢

瀬戸染付

菊桐唐草紋輪花鉢

清潔感のある器

陶玉園(加藤五助)の輪花鉢です。

加藤五助は瀬戸でいち早く石膏型の技術を導入した窯屋の一つで、この鉢も石膏型によって成形されていると思われます。

腰から口縁にむかって、花弁をモチーフとした凹凸がありますが、見込中央の底部は平らで、しかも扁平な部分は比較的広めにとってあり、単に盛り込みの器としてだけでなく、洋風の「皿」のような用途も意図しているようです。

器の内外にバランスよく配された、「菊」と「桐」の組み合わせは、いかにも高貴な日本を象徴する紋章です。

前の記事

瀬戸染付麦藁手蓋物碗