【催事】第二回 海老屋十軒店

どうもご無沙汰しております。

「最近サボってるね?」とお声掛けを頂き、お恥ずかしい限りで…(´Д`;)

コロナ禍でこれといって忙しいわけではないのですが…勉強の方がちょっと進んでいないので、なかなか投稿を上げられずにいます。インスタの方はたまーにアップするのですけどねぇ…。

インスタグラムって何グラムッ!?

はい、オヤヂギャグでごさいます。 (´v`*)

昨年1月に開催された、「海老屋十軒店(えびやじゅっけんだな) 未知との遭遇ッ・・・」の後続催事です。

あの時はまだ、コロナが日本に入ってくる水際のタイミングでしたね…。つい最近のような、でも遠い昔のような、なんだか不思議な感じです…。

日本各地の個性豊かな10の美術商が集い、かつての「日本橋十軒店」の賑わいを骨董市で復活させよう、というコンセプトの催事です。昨年は僕も海老屋美術店さんにお邪魔して、尾張モノだけで疑似名古屋城を移築してきました(笑)

それぞれのお店で扱うものが違っており、それでいてコンパクトにギュッと凝縮されており、お客様にとっても面白い催事になったと思います。

今年はもう皆さま嫌というほど分かっているとは思いますが…「コロナ禍」での開催。

「人を集めること」が憚られる世相にあって、リアル会場へ足を運ばずとも楽しめるよう、「インスタグラムの投稿」で美術品を紹介しようという試みを連動させます。

海老屋十軒店 インスタグラムって何グラムッ!?

場所

東京・日本橋 海老屋美術店

住所

東京都中央区日本橋室町3−2−18(銀座線・三越前が最寄駅)

日程

2021年5月9日(日)~22日(土)

時間

11:00~18:00(海老屋美術店さんの営業時間)

会期中、海老屋美術店さんで展示する商品は、インスタグラムアカウント(@ebi10tana)ですべて紹介いたします。(※なお当店はYahoo!オークションでの出品はありませんので、ご注意ください)

#おウチでお瀬戸なティータイム

当店は今年も「尾張・郷土美術」のお店として、特色ある品物を展示いたします。

昨年は初回ということもあって、「ナニ?コレ?尾張モノあれコレ?」みたいな感じでしたが…

今年はぎゅぎゅーっと、フォーカスを絞って「瀬戸染付」を一大フィーチャーです。

んー、いずれ「瀬戸染付」も勉強部屋でやらなきゃねぇ…(実は勉強が行き詰ってる遠因)

この1年…コロナの流行で外出を控え、家で過ごす時間が増えたことで、生活スタイルを見直すきっかけになった人が多いのではないでしょうか。

なかなかお外へお出かけできずにいると、オンオフのスイッチがイマイチ切り替わらない…(実は僕もその一人…)。

そこで、家での過ごし方の中に「古美術」を取り入れ、ダラダラしがちな私生活にメリハリをつけてみてはいかがでしょう?

凝った茶道具をそろえるのもいいですが…もっと手軽な「ティータイム」を演出する古美術もあります。

そこで「瀬戸染付」のご紹介です。

もちろん使ってよし、飾っても眺めても楽しめる美しさを備えた瀬戸染付を、どどーんと展示します。

インスタグラムの海老屋十軒店アカウントでも、商品のご紹介をいたしますので、ぜひフォローの上、ご高覧くだされば幸いでございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

「写し」の重要性