【展示即売】海老屋十軒店

お知らせ コメント : 0

来年1月、東京の催事に出店いたします。(´・∀・`)

十軒店

十軒店(じっけんだな)とは、江戸の旧名所の一つ。かつて日本橋室町で雛市(ひないち)の立っていた場所のことです。

江戸時代の中期以降、雛祭りなどの武家の風習が庶民の間にも広がり、三月・五月の節句の近くになると市が立つようになりました。季節に応じて商う十軒の店舗と、その前の大通りには縁日の露店がでて、大変に賑わったことから「十軒店」の地名となったといわれており、その賑わいの様子は、『寛永江戸図』や『江戸名所図会』などに取り上げられています。

そして現在、その十軒店の跡地に立つのは海老屋美術店さん

全国から各地域ごとに個性豊かな美術商を集め、かつての十軒店の賑わいを復活させよう、というのが今回の催事であります。

縁あって、うちもお声がけをいただきまして…。

扱う道具の特殊性、ニッチさゆえ…あまり名古屋を出て商いをしてこなかった当店ですが…。

「名古屋」の看板しょって、江戸の十軒店に参加することになりました。

関東の方たちにとっては「ナニ?コレ?」的な、ちょっとした珍しいものを並べますので、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

海老屋十軒店 EBIYA 10 KENDANA 未知との遭遇ッ・・・

場所
東京・海老屋美術店(写楽の浮世絵が目印☆)
住所
東京都中央区日本橋室町3−2−18(銀座線・三越前が最寄駅)
日程
2020年1月22日(水) ~ 1月31日(金)
時間
午前11時 ~ 午後7時(最終日のみ4時まで)

海老屋さん公式の個性豊かなページはこちら(笑)

う、宇宙人がおる…。個性では誰よりも海老屋さんが突き抜けてるんじゃ…)

初の試みゆえ、一体どうなるのか…皆目見当がつきませんが…お楽しみに~。( ´∀`)

「出品だけでもいいよ~」と、海老屋さんご主人からのお話でしたが、会期初日は滞在してみようと思います。

新時代の幕開け…令和2年、未知との遭遇ッ…。(゚Д゚)?

関連記事

関連記事が見つかりません

コメント

コメントを残す