前田壽仙堂

九朗作 織部香合

九朗の「く」。

平沢九朗については勉強部屋にてちょこっと紹介いたしましたが・・・平沢九朗という人は非常に陶芸が好きだったのでしょう。この作品とは別の話ですが、「数の内」と呼ばれる百個の作品は共箱で伝わるものもあり、たくさんの作品を世に残しています。

こちらは残念ながら共箱ではありませんが、香合の底部に「」の字の箆彫銘があります。わかりますでしょうか?

織部の釉薬のあがりが非常によく、草の絵付けとの調和もとれていて、加藤春岱が手伝って焼いていると考えられます。加藤春岱についても、いずれ勉強部屋でとりあげなければならない、重要な人物です。