前田壽仙堂

名美アートフェア2017【ブース詳細】

名美アートフェア2017、前田壽仙堂ブースの詳細です。

尾張国焼シリーズ 「水指」

「動物園」「居酒屋」「水族館」と様々な切り口で尾張の国焼を展示してきたアートフェアですが、今回は器の形で「水指」を取り上げます。

点前座を彩る道具のなかでも、大きく、存在感のある水指。用いる水指のの大きさ、形、色、柄、さらには置き方で、非常に多彩な表現・演出ができるのが水指の面白さ。使って楽しく、見て美しく、知れば面白い、尾張の国焼。お気に入りの水指を探してみませんか?

アートフェアで展示予定の作品の一部をWebでもちょこっとご紹介。

鳳造作 志野水指

小間の侘びた空間にあわせてよし、広間でモダンな取り合わせにもよし、とマルチな活躍を見せてくれる志野の水指。

三代豊介作 南蛮写箪瓢形水指

侘びた風情の南蛮といえば濃茶の水指・・・いやいや、こいつは木地の棚に乗っけて、薄茶でもいける?新たな境地を切り開く、南蛮写の進化系。瓢箪をひっくり返した形が愛らしい、豊楽焼の水指。

夜寒焼染付菱馬水指

染付はやはり塗のカチっとした棚が似合うでしょうか。今年は酉年、でもこの絵は馬じゃん…。干支に絡めるだけじゃ、使える機会が限られモッタイナイ。「団扇形」といわずに、あえてこれを「ハートマーク」と現代的に解釈して、道具を取り合わせるのも一興。

名古屋美術倶楽部でお待ちしております

会期は6月23日、24日、25日の3日間。当店のブースは名古屋美術倶楽部の2階にございます。上記3点以外にも水指を展示して、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です